日本で唯一!公道を走れる電動キックボードのレンタル屋さん。

公道を走れる電動キックボードをレンタルして楽しめるANDRIDE。

 

View this post on Instagram

 

オーサムキャンプ&グランピングAwesomeCampさん(@awesome_barbecue)がシェアした投稿

日本初、今のところ日本で唯一、伊豆の下田でレンタルショップを展開し、9月には中目黒、目黒川沿いの行列のできるプリン屋「うれしいプリン屋さんマハカラ」にてポップアップショップ(電動キックボードの体験会)を行ったり、沖縄に新たに電動キックボードのレンタルショップが立ち上がるというANDRIDE(アンドライド)のレンタルサービス、今後、新たなアクティビティや交通手段としてシェアが増えそうな乗り物です。

日本的で公道も走行可能な電動キックボードをレンタルできる機会はこれまでなかったので、レンタルの利用者の評判もかなり高く、今後の需要の拡大が期待されています。

電動キックボードは、電動立ち乗り二輪車で有名なSEGWAY(セグウェイ)社製で、アメリカから始まり、世界では既に新たなシェアリングエコノミーとして投資熱も高まっている電動キックボード。従来のSEGWAY(セグウェイ)は特区を除くと現状公道では使えず、日本の道路運送車両法や道路交通法上難しく、基準を満たすのは現実的ではないのだとか。(世界の名所ではセグウェイツアーなど人気で、なぜ日本だけが走れないのかよく分からないですが。。。)

ANDRIDEでレンタルできる電動キックボードは、ナンバーを取得した原付扱いの車両となるため、原付免許(普通免許ももちろん可)が必要です。
2系統のブレーキや灯火装置などを装着していて保安基準を満たし、車両登録を行ってナンバープレートを取得しているので、公道を走れます。

電動キックボードは、バッテリー搭載の充電式で、1回の充電で、約25kmの走行が可能。液晶のメーターが付いていて、バッテリーの残量やスピードが表示されます。最高時速は約15km。

運転はいたって簡単。レクチャーを受けたらすぐに乗れます。ハンドルの左右にスイッチが付いていて、右手アクセル、左が前輪ブレーキ。後輪にはフットブレーキ。

動き始めは従来のキックボードように足で地面を蹴って加速し、あとは電動で進みます。時速15kmと自転車を速く漕いだぐらいのスピードですが、スピード感があり、電動で静かなので、未来の乗り物のような感じがします。自転車とは違い、ヘルメットを被り、交通ルールに従って走行するのでより安心な気もします。折りたたんでコンパクトになるので、キャンプの時も車に積んで行って、周辺観光にも使えそうです。

 

View this post on Instagram

 

オーサムキャンプ&グランピングAwesomeCampさん(@awesome_barbecue)がシェアした投稿

折りたたんでコンパクトになるので、キャンプの時も車に積んで行って、周辺観光にも使えそうです。

ANDRIDEでは、この電動キックボードのレンタルビジネスパートナー(フランチャイズ)を募集しているようで、早くも問い合わせが入り始めているそうです。小さいスペースで営業可能で、環境に優しくアクティビティ性もある乗り物なので、特に移動に不便な観光地や離島などでも活用できそうです。

参考サイト:ANDRIDE – 電動キックボードでスマート旅行