畑もシェアする時代。野菜の旬を感じる自作野菜のバーベキュー!

cocopan 川上野菜のアヒージョ.jpg

カーシェアリングをはじめ、加速するシェアリングエコノミーに畑も登場し、首都圏を中心に50以上の農園を展開中の 手ぶらで行けるサポート付き貸し農園!シェア畑 が人気です。

年中野菜がスーパーで手に入り、野菜の旬が分かりずらくなっている今、自分で作ってしまえば必然的に旬を体感し、食べる楽しみのある野菜のバーベキューもできます。

シェア畑はなんといっても、手ぶらで通えて、種・苗・農具・資材など全てが料金に含まれているので誰でも簡単に野菜作りをスタートできます。

また、自分の所有する畑だど全て自分で管理しないといけないですが、シェア畑だと自分が忙しくて畑に行けないときは専門のスタッフがメンテナンスを行ったりアドバイスをくれたり、園芸器具を買い揃えることなくレンタルできたりと、メリットも多く、お子様のいる家庭だと最高の食育にもなりますね。


グランピングの潮流に代表されるように上質なアウトドアでの時間を過ごすには、美味しい野菜を取り入れたバーベキューも良く合います。

野菜を使ったバーベキューとしておすすめなのは、アヒージョ。

上の写真で使っている鉄皿のCOCOpanなら調理してそのままテーブルに出せるのでアヒージョにはもってこいです。

アンチョビとニンニク、オリーブオイルがあればすぐにできる1品。

マッシュルームや椎茸といったキノコ類は、キノコの持つ旨みを加わり美味しいのはもちろん、冬場だとカブ、春のキャベツ、夏のズッキーニといった野菜類も美味しい
アンチョビやガーリックの香りを吸い込んで極上料理に。

夏場だとトッピングとしてミョウガを加えるのもおすすめ。ミョウガ独特の風味がアンチョビとマッチします。

気軽に申し込める「シェア畑見学」。

見学会によっては野菜のプレゼントもあったりするようなので、休日のお出かけとしても一度参加してみてはいかがでしょうか。

関連ページ:バーベキュー食材・機材・ロケーション・サービスのレポート一覧