商品名に「極」(きわめ)の言葉が入る、"極SONS・鉄製フライパン「COCOpan」"は、食材の旨さを引き出せるプロの料理人が使う鉄フライパンに、"窒化処理"で極めてサビにくく、焦げ付きにくい、鉄フライパンの弱点を克服した日本製のフライパン。

さらに ココパン(COCOpan) 他の鉄フライパンより優れている点は、"クック&サーブ"をテーマにした"持ち手を取り外せる"鉄フライパンであること。そのままお皿として使えるので、普段使いからパーティーシーンのハレの日の演出にまで使えます。アウトドアウェディングの現場においても活躍中です。

みやじ豚IMG_9490.JPG


また、持ち手が無いので、グリルやオーブンにも入れることができ、重ねてスタッキングできるので省スペース&キャンプやパーティーへの携帯性も兼ね備えています。おまけに"絞り"という工法で作られる鉄フライパンは、意外と軽量なのも嬉しいです。

ココパンIMG_3287.JPG


「COCOpan」には、複数の形状のラインナップがあり、ベーシックなものから、朝の目玉焼きやアヒージョのようなスキレット的な用途にぴったりの浅型の ココパン(COCOpan) モーニング 21cm 、分厚いステーキならおまかせといったハイエンドモデルの 4mm厚のCOCOpanプレミアム まで各用途に合わせたアイテムがラインナップされています。


鉄フライパンは使えば使うほど焦げ付きにくく料理も美味しく仕上るようになります。1つ1つにシリアルナンバーが付けられ保証もあり、正しい使い方さえすれば一生どころか世代を超えても使うことができるので、数ヶ月から数年で劣化してしまう廉価なフライパンより遥かに経済的にもなるアイテム。

ココパンIMG_3248.JPG

製造するのは千葉に工場を構える リバーライト

リバーライト は料理のプロの間で支持され続けている鉄製フライパンメーカーで、極めてサビにくく"夢のフライパン"として鉄フライパン「極」シリーズとして世に送り出しています。

これから購入する人には、この3つからスタートするのがオススメ。

ココパンIMG_3257.JPG

ココパン(COCOpan)ベーシック 20cm
ココパン(COCOpan) モーニング 21cm
ココパン(COCOpan)持ち手(平型)

浅型のモーニングを蓋代わりに使うこともできます。炭を上に置いて全体から加熱するダッチオーブンとしての使用もOK。

ココパンIMG_3283.JPG

今回は、この3点と PRIMUS(プリムス)社のツーバーナー を使って2品を同時に調理してみました。

ココパンIMG_3292.JPG

ココパン(COCOpan)ベーシック 20cm 国産若鶏のモモ肉 ココパン(COCOpan) モーニング 21cm で芽キャベツと野菜のアヒージョを。

ココパンIMG_3322.JPG

鉄フライパンなのでフル火力でなく控えめの火加減でOK!

ココパンIMG_3337.JPG

しっかりと食材に熱が伝わります。

ココパンIMG_3307.JPG

重量感のあるイメージの強い鋳物の鉄鍋とは異なり、"絞り"という製造工程のCOCOpanは意外と軽量なので、 ココパン(COCOpan)持ち手(平型) (ハンドル)を使って女性も楽に扱えます。


ココパンIMG_3406.JPG

「作る」と「食べる」が1つで完結できます。アヒージョは加熱後はグリルからテーブルへそのままサーブ。蓄熱性があり冷めにくく、非常に美味しい仕上がりに。

ココパンIMG_3440.JPG

鶏もブツ切りならそのまま食べれますが、この時はモモ肉1枚丸々で焼いたのでカット。

ココパンIMG_3457.JPG

皮はパリッと中はふっくらとまるで炭火やオーブンを使ったような仕上がりで、簡単に美味しい料理が作れます。

ココパンIMG_3533.JPG

使用後は洗剤を使わずにお湯で流すときれいになり、鉄フライパンの焦げを落とす煩わしさから解放されます。


◆そもそも、プロはなぜ鉄フライパンを使うのか?

1. 熱伝導率が高いので、短時間でムラなく食材の芯まで火が通り、食材の水分を失わずに火が通る
2. 短時間で美味しく仕上がるので省エネ
3. 焼く・炒める・煮る・ゆでる・揚げるといった用途の幅が広い
4. 使えば使うほど焦げ付きにくくなり、長く使えて経済的


◆"極SONS「COCOpan」"が他の鉄フライパンより優れている点

1. 窒化処理で表面が硬化され一般的なフッ素樹脂加工のような摩耗や剥離の経年劣化の心配が不要
2. 使い始めの空焼き不要
3. 持ち手が取り外せるのでオーブンや魚焼き器にそのまま入れて調理後、サーブできる

◆まとめ

ココパン(COCOpan) は、見た目はシンプルな鉄製フライパンなので、鋳鉄製の分厚く重量感のLodgeのようなアウトドア感が全面に押し出されたものと比べると初めて実物を目にしたときのインパクトは決して大きいものではありません。

しかし、食材を投入して、調理をはじめると、控えめの火加減でもしっかり食材に熱が入り、片付け時には洗剤を使わなくても汚れが取れ、コンパクトに収納。この一連の流れをやってみると、このフライパンの良さを体感できるアイテムです。

また、使用方法が丁寧に記載された鉄フライパンの取扱説明書も同封されているので初めての鉄フライパンとしても安心です。空焼き不要で極めてサビにくく扱いやすいCOCOpanは長く使えて失敗しないアイテムです。


ココパン(COCOpan)ベーシック 20cm

ココパン(COCOpan) モーニング 21cm

ココパン(COCOpan)持ち手(平型)



極SONS COCOpan 鉄鍋 20cm