キャンプで湯沸かしならジェットボイルが確実で早い!

ジェットボイルIMG_8211.JPG

とにかく早く、確実に湯を沸かせるのが「ジェットボイル」。

アウトドアの世界では定番のアイテムの1つですが、逆にアウトドアに無縁の人が初めて目にすると、その独特な形状と火の音、沸くスピードに驚かれるアイテム。

ジェットボイルは、アメリカ発のアウトドア調理用品で日本ではモンベルがジェットボイルの正規ディーラーとして販売しています。

ジェットボイルの特徴は、1台で湯沸かしが完結できること。通常、熱源(コンロ)+器具(やかん)というように2アイテム必要なところが、1台で完結できます。

しかも小スペースで持ち運びしやすく、効率が良いということで、これからキャンプやバーベキューを始める人にとっては末永く使えて重宝するでしょう。


ジェットボイルは名前の通り、

「JET」➡早く
「BOIL」➡沸く

ジェットボイルには、用途によって選べる充実のラインナップがありますが、はじめてジェットボイルを購入するならこちらに掲載している「JET BOIL PCS FLASH」というモデルが1番おすすめ。

PCSとはパーソナル・クッキング・システムのことで、このPCSを確立した容量1Lのモデルです。

ジェットボイルIMG_7936.JPG

このカップの部分はアルミニウムの素材で、コジーとよばれるカバーが付いています。

このジェットボイルのコジーは、断熱性が高いので熱のロスを防いだり、沸騰後に手で掴むことができるようになっています。

このカバーには柄の種類があります。使っているのは1番人気で今では品薄と言われているカモフラージュ柄。



「JET BOIL」と「JET BOIL PCS FLASH」の特徴はこちら。

  • 早く沸く:500mlが約2分半で沸く。フラックスリングと呼ばれるカップ底の特殊な吸熱フィンの構造が高い熱効率を実現してくれる
  • 省エネ:特殊構造の吸熱フィンのおかげて早く沸くから、一般的なバーナーに比べてガス消費量が半分で済む
  • 持ち運びに便利:使わないときは付属しているすべてのパーツをカップ本体内に収納できる
  • 用途や人数に合わせて選べる充実のラインナップ:スタンダード以外にも料理に適したもの、軽量コンパクトなもの、大容量モデルまで
  • オプションのパーツのラインナップ:スペアカップや専用のフライパン、コーヒープレスなどと組み合わして使用用途を増やせる
  • 点火が楽:「JET BOIL PCS FLASH」なら点火装置がバーナーに一体型なので、点火にライターやマッチが不要

ジェットボイルIMG_7897.JPG

ジェットボイルの燃料は「ジェットパワー」という商品名のガスカートリッジ。

ジェットボイルIMG_7942.JPG

オールシーズン使える使用になっています。サイズが2種類あり、こちらの小さい方の「100G」というサイズならジェットボイルを使用しないときはジェットボイルのカップの中にすっぽりと収まって携帯性も抜群。



ジェットボイルIMG_7931.JPG

ジェットボイルを購入して開封すると、余分な梱包がなく、ジェットボイルを持ち運ぶときと同じ状態で各パーツが収納されています。

ジェットボイルIMG_7932.JPG

内容はこのようになっています。

左上から順に、コジー(カバー)付きカップ・バーナー・ゴトク(ポットやフライパンを使う際に使用)

左下から順に、フタ・ボトムカバー(計量カップとしても使える)・スタビライザー(三脚)

ジェットボイルIMG_7941.JPG

図解付きで分かりやすい説明書が同封されているのではじめてジェットボイルを購入する人も安心。

ジェットボイルIMG_7948.JPG

ジェットボイルの組み立てはいたって簡単。

ジェットボイルのネジ穴にガスカートリッジを回して取り付けます。

ジェットボイルIMG_7950.JPG

こちらはジェットボイルを使用する際に土台となるジェットボイルのスタビライザー。

ジェットボイルIMG_7951.JPG

ジェットボイルのスタビライザーは折りたたみ式になっているので、広げてガスカートリッジの下にり付けます。

ジェットボイルIMG_8182.JPG

ジェットボイルの1番の特徴でもあるフラックスリングと呼ばれるじゃばら上の吸熱フィンがカップの下に付いています。

この吸熱フィンがバーナーからでる熱を効率的にカップに伝え、早く沸いてくれます。

ジェットボイルIMG_7956.JPG

ジェットボイルのカップの部分を取り付けたら水を注いでスタンバイ完了。

ジェットボイルIMG_7958.JPG

つまみを回してガスを出し、点火ボタンを押すと簡単に着火。

ジェットボイルIMG_8185.JPG

あとは沸騰するのを待つだけです。

一般的なものは熱が拡散してしまいその分燃料も必要な訳ですが、ジェットボイルはフラックスリングの効果で熱の拡散が防がれて非常に好効率。

ジェットボイルIMG_8183.JPG

ちなみに、ジェットボイルのカップの側面の窓のようになっている部分は温度によって色が変わり、沸騰の目安が分かります。

ジェットボイルIMG_8194.JPG

色が完全に変わってお湯が出来上がりです。


ジェットボイルの種類

こちらで紹介したJET BOIL PCS FLASH以外には、使われている素材やサイズ、推奨する環境や用途にによってこのようにモデルが分かれていて、値段ももちろんそれぞれ変わってきます。

  • ジェットボイルで料理をするのに使うなら JETBOIL MiniMo :カップが広口浅型&氷点下でも安定した火力を発揮するサーモレギュレーター付き
  • ジェットボイルのシンプルモデル JETBOIL ZIP :FLASHより価格が安い分、容量がちょっと少ない0.8Lで、点火にマッチやライターが必要
  • 雪山といった過酷な環境と軽量を求める JETBOIL SOL シリーズ:容量は0.8L 素材は超軽量で丈夫なチタニウム製かアルミニウム製

  • 大容量かつ機能を求めるなら JETBOIL SUMO シリーズ:1.8Lの大容量、サーモレギュレーター搭載、素材はチタニウム製またはアルミニウム製


はじめてジェットを購入してキャンプやバーベキューで使用するなら

ジェットボイルのラインナップの中から、キャンプやバーベキューではじめてジェットボイルを購入して”湯沸かし用”として使用するなら、「JET BOIL PCS FLASH」が使い勝手やコスパは高いといえます。

キャンプ場での使用の場合、
「氷点下でも安定した火力を発揮することがポイントであるサーモレギュレーターは高機能過ぎる」
「点火装置は別途用意することなく一体型であって欲しい」
「なるべく安く購入したい」

これらの要件を満たしてくれるのが、「JET BOIL PCS FLASH」です。

ミルク作りが必要な子育てファミリーにとってもキャンプやバーベキューだけでなく、お出かけやイベントの場でもすぐに使えて持ち運びもしやすいので便利ですよ。