見るだけでも楽しい!楽天市場の"The Meat Guy"は「失敗しないお取り寄せ!」

豪快に焼くブロック肉・珍しい肉・パーティーに役立つ食材の揃うお店

世界で一番のお肉屋さんと自負しております。by「The Meat Guy (ザ・ミート・ガイ)」

人数の集まるバーベキューやパーティーや、大きなお肉を焼きたいときに真っ先に思い浮かぶ The Meat Guy

ステーキはもちろんのこと、チキンやラム肉、ワニやカンガルーといった珍しい食材、肉加工品、チーズやデザート、冷凍食品やスパイスなど多岐にわたるアイテムを購入できる楽天市場のお店です。

IMG_7849.JPG

今回はザ・ミート・ガイから先日の"Ez BBQ COUNTRY Cabins & Camping"でAwesome Barbecue!の際にお取り寄せしたこちらの3アイテムをご紹介!

「Lボーンステーキ」

バーベキューでステーキIMG_8117.JPG

サーロインを骨付きで楽しめる「Lボーンステーキ」

まず1アイテム目。この日のメイン食材としてお取り寄せ。

バーベキューの楽しみはやっぱりアウトドアならではの自宅キッチンでは味わうことのできない豪快な調理と切り分け。

そして、都市部のステーキレストランでも最近流行りの「Tボーンステーキ」のような骨付きで野性味溢れる食材が参加者の好奇心も刺激し、バーベキューにはうってつけの食材です。

バーベキューでステーキIMG_8059.JPG

そもそも「Lボーンステーキ」や「Tボーンステーキ」とは?

今流行りの「Tボーンステーキ」とは、なぜ今流行っているのかというと、それは2003年から輸入規制されていた「Tボーンステーキ」が2013年の2月に規制緩和され入手可能になったことや、食通の間で、「大きいだけでなく肉の旨みも上がった」と評価されているからのようです。

この「Tボーンステーキ」の独特の形状は「サーロイン」と「ヒレ肉」の2種類から成り立っていて、1枚で2つの肉が楽しめることから人気です。そしてこの2種類の肉の割合によって名称が変わってきます。

The Meat Guy では、このように3つの種類を取り扱っています。




Tボーン(ティーボーン)ステーキやポーターハウスステーキと比べ、ヒレの割合が極小のステーキ
(約500g)
ヒレがほとんどついていないですが、リーズナブルなので予算が厳しいときは重宝します。



(600g)
テレビや雑誌などでよく目にする今流行りの「Tボーンステーキ」です。



ポーターハウス(Tボーンステーキよりヒレ肉の割合が多いもの)
(750g)
「ステーキLOVERSの夢を叶えます!」と説明されています。


お肉の重さが増えるほど、ヒレ肉の量が増え、それに合わせて肉の値段も上がっていきますので、バーベキューやパーティーの人数や予算に合わせて準備すると良いです。

ただ、1番小ぶりな「Lボーンステーキ」でも普通の焼肉やステーキよりは比較できないくらいの圧倒的なインパクトがあり値段も手頃なので一度は購入して試してみる価値があります。


バーベキューでステーキIMG_8091.JPG

バランス次第では立ってしまいそうな程の分厚いお肉に、火が通っていくのを見ているだけでお肉が好きな人は大興奮。薄っぺらい焼肉を焼くのと参加者の出来上がりに対する期待感が全然違います。

バーベキューでステーキIMG_8130.JPG

焼きあがったらクッキングボードにのせて切り分けてみんなでシェア。子供以上に大人が興奮する食材かもしれません。

アンデューイ・ソーセージ(極太のソーセージ)

バーベキューでソーセージIMG_8028.JPG

アンデューイ・ソーセージ(1本約150gとかなり大きなソーセージ)

The Meat Guy風にアレンジされたというルイジアナスタイルの生ソーセージ。

サイズは1本約150gとかなり大きなソーセージです。
小さく角切りにしたドイツ産ベーコンが入っていて、スモークフレーバーが効いているので、これらの夏のバーベキューには冷えたビールと最高に合うソーセージです。

バーベキューでソーセージIMG_8036.JPG

網でも鉄板でも中までしっかり火を通せば出来上がり。とてもカンタンです。

バーベキューでソーセージIMG_8039.JPG

鉄板で焼く場合は、ソーセージからでてくる脂をズッキーニやマッシュルームなどの野菜に吸わせながら焼くと、野菜に肉の旨みが移り、表面は脂でコーティングされるので野菜もとても美味しく仕上がります。残念なバーベキューでありがちなパサパサの野菜とは完全に別物です。

バーベキューでソーセージIMG_8054.JPG

アンデューイ・ソーセージとは

『Andouille sausage』は、元々はフレンチスタイルのソーセージ。フランスかドイツ移民によってアメリカ・ルイジアナ州に伝えられ、今ではルイジアナ州の郷土料理理の定番としてよく知られていて、「ジャンバラヤ」(ルイジアナ風パエリヤ)や「ガンボ」(チキンやオクラと合わせた郷土風スープシチュー)には欠かせないソーセージだそうです。

バーベキューでソーセージIMG_8056.JPG

こちらも前述のステーキ同様にみんなで切り分けてシェア。大きな食材の調理が本来のバーベキューの醍醐味。

わりとスパイスが効いているので、お酒だけでなく意外なことにさっぱりとした生野菜と一緒に食べて美味でした。

ザ・ミート・ガイではこちらのソーセージ以外にも多くの種類の大きなソーセージがあるので、スパイシーな食材が苦手な方は、ほかのソーセージを試してみるとよいです。

ザ・ミート・ガイのミックスベリー

冷凍ミックスベリー(冷凍いちご・ブラックベリー・ブルーベリー・ラズベリー)

IMG_7837.JPG


最後はバーベキューのデザートに重宝するザ・ミート・ガイのミックスベリー

こちらの1袋にストロベリーと、ブルーベリー、ブラックベリー、ラズベリーの4種類が入っていてダイスカットになっているので解凍するだけでそのまま使えるので、アウトドアでも自宅用でもめちゃめちゃ便利で、しかも価格もかなりリーズナブルです。

ワッフルの作り方IMG_8193.JPG

用途は、今回使用したワッフルのトッピング用だけでなく、ケーキ・パンケーキ・タルト・ヨーグルト・カッテージチーズ・クッキーなど幅広いです。

ワッフルの作り方IMG_8214.JPG

シロップ漬けになっているのではないのでカロリーが気になる方でも安心で、バーベキューのデザート用としてもはや定番です。


まとめ

今回は3アイテム「ステーキ肉」「肉加工品」「デザート」をお取り寄せしましたが、どれも使い勝手が良くて味も最高でした。これからバーベキューを始める方は、この3アイテムに、魚貝や野菜、デザートを加えたライナップでバーベキューのメニューを立てれば立派なオーサム・バーベキューになることでしょう。

The Meat Guyのウェブサイトはこちらから