"アウトドア"をテーマにしたコワーキングスペース「Hammock」が三鷹で始動!

前代未聞の"コワーキングスペース"×"アウトドア"

ハンモックロゴ.png

"アウトドア"をテーマにしたコワーキングスペース「Hammock」(ハンモック)がJR中央線三鷹駅近くにオープン。

そもそも"コワーキングスペース"とは、様々な年齢や職種の利用者が主にPCを使った作業や、スペースを利用したミーティングやイベントを開いたりできる共有オフィス環境で、Wi-Fi環境や電源、プリンター、プロジェクターといった設備が整っています。

自宅とは違い利用者同士の交流も生まれるのがコワーキングスペース。
「Hammock」のコンセプトは"アウトドア"をテーマに人との交流が生まれるコワーキングスペース。

ハンモック三鷹IMG_3093.JPG

内装は芝生が敷き詰められ、店名にもなっているハンモックやキャンプテーブルやキャンプ用のイス、ランタンといったキャンプ用品で揃えられ、他のコワーキングスペースには無い独創性。靴を脱いで上がる緑の芝生や木のテーブル、少し懐かしい黒板の素材の壁面、ガーランドの装飾や心地よいBGMでリラックスして過ごせたり、作業に集中できます。

ハンモック三鷹IMG_3056.JPG

場所は三鷹駅南口から徒歩5分程度。1Fが歯科医のビルの3Fに「Hammock」はあります。

ハンモック三鷹IMG_3066.JPG

ドアを開けると受付があります。
"ドロップイン"と呼ばれる都度利用は、3時間以内500円、1日1,000円。料金は前払い。

ハンモック三鷹IMG_3121.JPG

コーヒーはセルフサービスでフリー。
また、コーヒー以外にドリンクやお菓子の販売もあります。

ハンモック三鷹IMG_3088.JPG

¥25,000~/月の月極ブース席もあり。
また、ドロップインの場合でも追加料金で個別ブースを利用することも可能。

ハンモック画像.jpg

「Hammock」主催の「ランタンナイト」というネーミングのイベントは、コワーキングスペースの照明を落とし、DJ機器からBGMを流し、ランタンの灯りを囲んで参加者同士がお酒を飲んだりしながら自然と会話が弾む「Hammock」独特のイベント。初めて参加する人もすぐに打ち解けれる雰囲気で定期的に開催中。

ハンモック2.jpg

「Hammock」を運営するのはWebサービス、アプリ開発を行うGrander社。

立ち上げの経緯も独特で、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で資金を募り開業されたとのこと。

「Hammock」はアウトドア感の溢れるインテリアや心地よいBGM、穏やかなスタッフが出迎えてくれ、カフェに行くような感覚で、初めてのコワーキングスペースとしてもおすすめです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「三鷹のコワーキングスペースHammock」

東京都三鷹市上連雀2-4-1 鈴木ビル3F

Tel:0422-26-8677

営業時間:平日11:00~21:00(最終入場19:00まで)


「三鷹のコワーキングスペースHammock」の詳細はコチラより

ハンモックロゴ.png

"