ドローン入門におすすめの機種”Tello”

トイドローンでキャンプサイトを撮影してみよう。

低価格で規制対象外のミニサイズでありながら本格ドローンに近い感覚で使えるのがドローンの最大手DJI社が監修するトイドローン「Tello」。

ドローンを使い始めるハードルも低く、ビギナーにも使いやすいトイドローン「Tello」は、ドローンを金額的にも手軽に始めるにはかなりマッチするアイテムです。

「Tello」は、「テロー」だったり「テッロ」という風に読みます。

ドローンは飛行区域の制限や許可申請が必要になるなど規制の対象となるのが重量200gが境で、200gに満たず規制の対象外のドローンはトイドローンという風に呼ばれています。

トイドローンは従来は飛行時の安定性も乏しく、扱いも難しいので飛ばせるようになるにはかなりの練習が必要と言われてましたが、「Tello」は、空中でその場に留まろうとするホバリング機能があることで他のトイドローンとは一線を画すトイドローンとして認知されています。

 

「Tello」はメーカーはRize Tech社いうものの、ドローンの世界トップシェアのDJI社とIntelの技術協力を元に製造しているので、「DJIのトイドローン」という風にイメージもされていて、DJIのホームページからも購入することができます。手のひらサイズのドローン「Tello」は購入後、バッテリーを充電してすぐに使用することができます。

・Telloの特徴

最大飛行時間13分(トイドローンでは最長レベル)
80g(200g以下なので規制の対象外)
最大100mの伝送距離
720PのHD伝送
*DJIとインテルの技術供与を受けたRYZE社が開発・生産

 

「Tello」には本格ドローンに搭載されるGPS機能は付いていませんが、 5つのセンサーで周囲の状況を把握し、その場に留まることができるホバリング機能が付いているので、従来のトイドローンより圧倒的に扱いやすくなっています。

最大飛行距離100m、Telloのバッテリーの最大飛行時間は約13分です。

 

「Tello」の操作は、スマホやタブレットにTello専用のアプリをダウンロードして使います。専用のコントローラーも別売りであります。

端末とドローンはWi-Fiで接続され、ドローンのカメラの映像は端末でリアルタイムで見ることができます。ドローンと離陸と着陸も専用のボタンがあり簡単です。

 

もちろん写真とムービーの撮影も可能。

Telloのカメラには揺れを抑制するジンバルが付いていないので、風の影響はすごく受けてしまいまうので、画質には限界がありますが、ドローンを使ってのスナップ写真など気軽に使う分にはちょうど良く、スマホのカメラの感覚に近いです。

トイドローンとはいえ飛ばすにはその場所の管理人の許可が必要です。

これまで見たことの無い角度から自分のキャンプサイトを見てみるのも楽しいですよ。

コンパクトながらも低価格で高機能のドローンとなると、基準の200gを超えるので規制の対象となってしまいますが、DJI社の「Marvic Air」もかなり売れているようです。

人口密集地区の規制を受けない、200g未満ホビードローンの中で断トツで評価の高いTello。

ドローンを検討中のかたはトライしてみてはいかがでしょうか。

One Reply to “ドローン入門におすすめの機種”Tello””

Comments are closed.