ギアラボ vol.2 – キャンプや家の食卓の風景を変える鉄フライパンが”ここ”にある!COCOpanシリーズのすすめ。

鉄器の弱点を克服した最強の鉄フライパン”COCOpan”

COCOpanとは、「鉄器を使った美味しい調理」×「持ち手が取り外し式で、調理後そのまま食卓に置いても絵になる」というありそうで無かったプロダクト。

しかも鉄器特有の焦げ付きやすい、錆びやすいというネガティブな要素を克服したというもはや最強のフライパン「ココパン」がじわじわと知名度を上げてきています。

フライパン自体は既にプロの料理人の間では名の通っているリバーライト 極シリーズが元となっており、その持ち手を取り外し式にすることで新しい食のライフスタイルの提案をしています。

使用している印象を挙げてみると、メリットが多いことに改めて驚きます。

・窒化加工により極めて焦げ付きにくく、使用前の空焼きも不要でメンテナンスが楽

・すぐに温度が上がってくれるので食材が美味しく仕上がる

・ガス、炭火、薪料理、オーブンなど、電子レンジ以外なら何でも使える

・蓄熱性が高いので余熱での調理や、保温が効く

・器に移し替えずに使えるので洗い物を減らせて、インスタ映えの料理が叶う

・持ち手が取り外し式なので、縦積み(スタッキング)ができて収納スペースが少なくて済む&鋳物鉄器より軽いのでキャンプへの持ち出しも便利

唯一の引っかかる点は、他のフライパンよりは少し高価格帯かなという点。しかしながら、簡単な使用後の手入れ(水洗いと油でならす)さえすれば一生ものになり、美味しい食事とストレスの少ない収納や可搬性で、テフロン加工のような加工が取れて買い替え時期がきてしまうフライパンと比べると、はるかに経済的で満足度の高いプロダクトになることでしょう。

 

1つ1つにシリアルがついていて、保証も万全。一生使えます。

家庭では熱々をそのままテーブルに。蓄熱性が高いのはパーティーでも普段使いでも重宝します。

イベントでのブッフェスタイルでの提供時にも重宝します。

ラインナップはベーシックなものから、深鍋タイプ、鉄の厚さが分厚いプレミアムモデル、玉子焼きに使える四角いものと着々と増えてきていますが、まずは上記のスタンダードから使い始めてみるのが良いかと思います。

実店舗ではロフトの調理器具コーナー、ヨドバシカメラのアウトドア用品コーナーといったまだ限られた場所のみになってしまいますが、ネットでも簡単に購入することができます。

初めての購入には、必ず「持ち手」も一緒に購入してくださいね。

アウトドア用品の大手ネットショップのナチュラムさんのバイヤーズブログでも紹介されています。

まだ新しいCOCOpanを使って思い思いのココパン料理にトライするのも楽しいですよ。